動画
3

MCおじいちゃん 清掃員ラップ

清掃員の仕事はあそびじゃない
ネズミや猫の死体を手で取らなくちゃいけない

広告

MCおじいちゃん 清掃員ラップ」への3件のフィードバック

  1.  路傍の都市雑業で生きて、道行く個々人から白眼視され、蔑まれ”社会の屑”とか”ドブネズミやゴキブリ”と罵られる路傍仕事の仲間たち、そしてその末席を運んで仕事のたびに雲霞の如きabenomiKKK$野郎たちから罵声を浴び吸殻を投げつけられゴミを投げつけられる当方からも心から連帯をば。かつてゴミピットでダイオキシン測定のためのサンプル採りをし、パッカーからのゴミがブゥーンと唸って当方の横を落ちた現場にいたり、同じくダイオキシン測定のために清掃工場の煙突内に入り、吹き出る蒸気と熱水を危うく浴びかけた事もある当方も”ゴミを片付ける人間がおらんかったら町中ゴミだらけやぞ。蔑むオマエらの家の前にプレゼントの山盛りゴミを積んだろか”と叫びたかったですから。

  2. コメントありがとうございます。きれいなもの/社会を支えるための裏方の仕事は末端へ押し付けられ尊厳を奪われことが多いですね。被爆労働もですし、フィリピンとの経済協定も。。 http://jpepainfo.wordpress.com
     ダイオキシンが騒がれた頃は小学生でしたが、世間がパニックになっていたという記憶しかなく、(その時も母乳が、とか母親へ注目が中心で優生思想が見え隠れしてた気も)事態の収拾に体をはっている労働者のことなど考え及びませんでした。田舎だったので清掃工場もすごく遠くにあり、ひとりで長時間自転車を漕いでいたら林の中に突如でてきたものを見つけたときは、別世界に来たような感覚でした。

  3. 丁寧なお返事をいただき、有難うございます。被曝労働招請メールをよく送りつけられて他人事ではないです。フィリピン諸島の女性たちの女工哀史のような有様を中学時代に見てきた当方にも看護士・介護ヘルパーなどの件や御指摘のゴミの件についてやるせなさが一杯になる事もあります。それらが、アナ系の運動に末席を運ぶ日々をつくったのでしょう。(苦微笑)お会いする機会があれば、更なるエピソードも語れるかもしれませんが。それも長くなりそうでおすすめできません。(苦笑)毎度長々とすみません。
    la batalo continuos!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中