リンク
2

軍事占領下のマレ地区の写真

「平和」維持警察隊(UPP)による占領が続くマレ地区の様子がわかる写真です。

広告

軍事占領下のマレ地区の写真」への2件のフィードバック

  1. カフェの店前を塞ぐ壁のような火薬入り装甲つき水陸両用装甲車が醸成する”平和”。鬼畜の宴会world KKKupは、こうして毎度のように最貧困層をぶちのめします。このような武装部隊こそ駐留しなくとも、2002年に会場の一つとして戦場となった長居公園もそうでした。赤旗を振る連中を含む政官財民からの四面楚歌強制の中、そこで破壊、排除、監視と闘った個々人の一人としては。同型水陸両用装甲車は日本軍に新たに公式編成される島嶼部”防衛”即応武装集団のために27台程度買い与えられます。1台約5億円也。

  2. voiceofrebelさん、いつも思いのこもったコメントをありがとうございます。1台5億で27台、領土のためにだなんていやすぎます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中